欲しいものが手に入らないつらさ

私の過去の話

前回は「少女漫画的プロポーズからの新婚生活」を書きました。
今回は不妊治療について。

円満な新婚生活の中で1つだけうまくいかなかったこと。
それは・・・

不妊治療の開始

2年経っても、子どもができない。
欲しいのに、できない。

不妊治療を始めた。
タイミングから、人工授精、体外授精。
途中休む時間もありながら、2年半を費やした。
原因は不明のままだった。

スケジュールとにらめっこしながら、足繁く通う病院。
採卵の時期には自己注射もしていたけれど、時期によっては毎日通うこともあった。
卵胞の大きさなど、自分で制御できない、わからないことだからこそのストレス。
予約しても1時間待ち、下手したら2時間待ちがザラな長い待ち時間。
大嫌いだった注射や採血、診察のあの体勢。
最初は苦痛だったけど、そのうちに慣れて、何とも思わなくなった。

毎朝基礎体温をつけながら、一喜一憂する。
ホルモン剤を飲み、注射をすれば、身体にも影響が出る。
身体が重たかったり、お腹が痛かったり、注射痕にしこりが残ったり。

低温期、高温期それぞれに良いと言われる食べ物を意識的に食べる。
カフェインの入った飲み物や、お酒は我慢して飲まない。

睡眠不足にならないように、規則正しい生活をする。
とにかく体を冷やさないために、湯舟につかり、靴下を重ね履きし、上着を持ち歩く。
神社にお参りしたことも、おまじないのようなことをして、携帯の待ち受けを変えてみたこともあった。

そんな「ねば、ならない」に縛られながら、できることは何でもすると一生懸命な中、基礎体温がガクンと下がり、生理が来た時の表現できないほどの絶望感。
こんなにも努力して、莫大なお金も費やしているのに、全てが徒労に終わる虚しさ。
誰にもぶつけられない感情。

何の苦労もなく子どもを授かる(と私は感じていた)友達への言い知れぬショックと醜い嫉妬。
グチャグチャな心を隠したお祝いの言葉。

「私はまだ子供はいいかなって思ってたけど、できちゃったし、夫や親はすごい喜んでるからさ~」
という言葉には殺意を覚えた。
私の状況を知っていながら、この言葉を発したことが許せなくて、2度と連絡を取らなかった友達もいた。

私はここまでして、本当に子どもが欲しいのか、自分の気持ちすらわからなくなる。

夫は協力的で私を労わってくれていた。
けれど、気持ちがすれ違う。
私が欲しいと思った言葉は、言って欲しいと言っても、言ってくれなかった。
今は彼の言い分もわかるけど、当時は苦しくて、つらかった。

子どもが母親を選んで生まれてくるということ

私は、子どもが母親を選んで生まれてくるという言葉が大嫌いだった。
だって、選ばれない私は何なんだと。
そんな風に思ってるから、マイナスな気持ちでいるから、だから子どもを授からない?
そんなの関係ないよ!!

子どもがいる今では、子育てがしんどいお母さんが、私を選んで生まれてきてくれたのねと思うことで、少しでも楽になれる、子どもに優しくなれるなら、信じるのもいいとは思う。
実際、親の私に、子どもが教えてくれることはたくさんある。

それでも、子どもは母親を選んで生まれてくるには、同意、できない、したくない。

長期間に渡る不妊治療は、私の精神を不安定にした。
結婚と同時に正社員の仕事はやめていた。
当時、アルバイトや派遣をしていたが、仕事にも影響していた。

過去の私へのメッセージ

欲しいものが手に入らないってつらいよね。
報われるかわからない努力をし続けるってつらいよね。
落ち込んでいいよ、泣いていいよ。
頑張ってる自分を自分で認めてあげて。
それだけで少し楽になれるから。

次は「一難去ってまた一難」へ続きます

The following two tabs change content below.
藤畑 芙由子
藤畑 芙由子
神奈川県海老名市在住。 夫、息子(幼稚園年長)の3人家族。 息子が発達障害グレーゾーンと診断され、 「思い通りにいかない子育て」に苦しんでいたところ、 35歳で「プレシャス・マミー」に出会い、子育てコーチングの実践を始めた。 その結果、自分自身も親子関係も大きく変化した。 「ダメ出し地獄はもう卒業 子育てをエンターテイメントに!」 をキャッチコピーに掲げ、 ママが自分らしく、 楽しく毎日を過ごせるように、 宇宙人5歳男子ママ専門コーチ、 子育て講座講師として活動中。 詳しいプロフィールはこちらから
タイトルとURLをコピーしました